医者

事例から学べること

男性

薄毛問題は、年々深刻化しています。食事と環境の影響からか、若い人で10代から薄毛になる人も少なくありません。抜け毛が普通より多いと感じたなら、早急に治療をするべきといえ、何らかのアプローチが必要です。近年植毛が人気を呼んでおり、発毛を待たずフサフサになることからさらに注目度を上げています。クリニックの数も順調に増えており、薄毛を改善するためカウンセリングへやってくる人が後を絶ちません。反面、失敗するケースも少なくなく、事例では傷口が痛々しく残っています。これは施術に問題があり、切開をしたことによる事例だと推定されます。日数が立っても毛をめくれば傷口があるため、人によってはコンプレックスになる可能性があります。縮毛した箇所がまばらになったことで、地毛と治療の境目が目で確認出来る程目立つといった体験者もいます。自然な仕上がりとは言えず、施術を行なった医師の知識と経験不足といえます。定着率も個人で差があり、手術しばらくして元踊りになるケースも少なくありません。最悪、既存の毛が無くなる可能性も否定できず、受ける前より薄くなる場合もあります。失敗しないための原則は、今後植毛を受ける全員にいえることです。それを頭に置いておけば、失敗を免れることができます。

植毛のリスクは、医師の口から話されます。カウンセリングにも時間をかける必要があり、その間良いことばかりアプローチするのはいただけません。施術における失敗を理解することでリスクを背負わずに治療ができます。また植毛は自毛の場合定着率が乏しくなるため、100%ではないことを理解して、不明な点を医師に尋ねることが重要です。それぞれのリスクを知った上で決断が出来るので、植毛で後悔することがありません。