医者

2つの薬が改善の鍵になる

男性

抜け毛が増えると頭皮はどんどん薄くなります。通常人は、ヘアサイクルに従い200本程抜け落ちます。ところが、頭皮のサイクルが狂うと、それ以上の数が根本からなくなり毛が徐々に無くなっていきます。この状況を緩和させる方法として、専門知識を持つクリニックが欠かせなくなります。実際に治療を受けた患者は、見事発毛を実感しており、ある2つの薬を組み合わせたことでAGAを見事改善しています。薬を使う改善法は専門クリニックで普通に行われており、様々な原因で発症するAGA全般に効くとされています。

男性ホルモンや遺伝がAGAの原因ですが、普段からストレスを溜めやすい人もAGAになる確立が十分高くなります。加えて、生活習慣が悪化すれば、頭皮環境はさらに悪化するでしょう。タンパク質やビタミンとミネラルの減少は、抜け毛を増やす元凶です。栄養バランスを考えた食事が2つの薬が持つ力を十分に発揮させるため、半年経過した頃にはフサフサの頭皮になっているはずです。AGA治療はまず、問診と診察から入ります。進行具合と症状に合った治療を提供しますが、その中で使われるフェナステリドとミノキシジルはAGA改善に不可欠であると考えます。治療結果も十分だしており、期待は十分あるとして近年は多くのクリニックが採用する方法で知られています。フェナステリドで脱毛の原因になる男性ホルモンの増加を抑制させ、薄毛を根本的になくす治療をします。加えて、ミノキシジルを使いど外側から毛の成長を促せば、ダブルの効果で治療の成果を出すことができます。